2022.4  5A Loyalty Suiteサイトをより使いやすく快適にご利用いただけるように、リニューアルを行いました。

コンテンツマーケティングとは

マーケティング用語

コンテンツマーケティングとはなにか、明確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。バズる記事を作ることなのか、SEO対策をした記事を作ることなのか、ネイティブ広告のことなのかなど、さまざまな手法との混同が多いのがコンテンツマーケティングです。本ページではコンテンツマーケティングとはなにか、またどのような活動を行うのかを見ていきたいと思います。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングは簡単に言えば、顧客に価値あるコンテンツ(情報)を提供し、それにより見込み客の集客を行い、関係をしながら最終的に売上につなげるマーケティング手法と言えます。

ただ動画を作ったり記事を配信することではなく、顧客の課題にあった課題解決型のコンテンツを提供することで、このコンテンツを観てよかった、読んでよかったと思ってもらい定期的にサイトに訪れてもらったりファンになってもらうことで、最終的な購買行動につなげることに主眼をおいていることがポイントです。

マーケティング4.0 認知 訴求 調査 行動 推奨、5Aの構成要素を理解しよう!

マーケティング4.0 5Aで提起される人間中心のマーケティングとは?

コンテンツマーケティングはなにをすることなのか

では、コンテンツでマーケティングを行うとはどのようなことでしょうか。ここでいうコンテンツとは、顧客の知りたい情報であり、その情報の見せ方はさまざまです。記事コンテンツ、SNS投稿、メール、プレスリリースから動画、オフラインでは雑誌記事や書籍などがこれにあたるでしょう。

この数年のコンテンツマーケティングというと、オンライン上のコンテンツをいかに読んでもらうかにフォーカスされています。ソーシャル上での拡散、検索エンジン上でのSEO対策などコンテンツへの流入経路の設計から、顧客の課題解決となる質の高いコンテンツの作成、コンテンツを読んだあとのSNSへのシェアまでの一連の流れを設計することが必要になっており、これらの活動がコンテンツマーケティングで必要な実行すべきこととなります。

なぜコンテンツマーケティングが近年脚光を浴びたのか

顧客が企業の一方的な売り込みにうんざりしたこと、またGoogleのアルゴリズムがコンテンツの質を重視する傾向になったことが大きな要因としてあげられるでしょう。

顧客はTV CMや大量のDM、PUSHなどに日々さらされていますが、これらは企業の都合により発信されるもので本物の情報ではないと顧客に思われはじめたのです。これにより本当の情報を求め、顧客は自らネットを駆使し検索を行い、その商品やサービスが自身のニーズを満たしているかを確認します。このような行動があるなか、ユーザーや企業が丁寧に作ったコンテンツが質の高いコンテンツとして、Googleが検索上位に表示するようになったことも相まりコンテンツマーケティングは一気に脚光を浴びました。

コトラーのマーケティング4.0の接続性の時代とは?

企業側としては作成したコンテンツはストック型コンテンツとなり、継続的に手脚できる投資として捉えることができ、またディスプレイ広告やリスティング広告費を抑え自然集客による顧客獲得ができます。こういったユーザー行動の変化とテクノロジーの進化により、コンテンツに投資することが、企業にとって大きなメリットとして捉えらているのです。

5A時代のコンテンツマーケティングとは〜コンテンツは新しい広告になる〜

タイトルとURLをコピーしました