2022.4  5A Loyalty Suiteサイトをより使いやすく快適にご利用いただけるように、リニューアルを行いました。

ROASとは

マーケティング用語

ROASとはなんでしょうか。広告出稿する企業や代理店ではよく目にする単語ですが、広告に関わらない部署や業種の方には聴き馴染みのないマーケティング用語かもしれません。ここでは広告の費用対効果を測る指標としてのROASをみていきます。

ROASとは

ROASとは、Return On Advertising Spendの頭文字を取った単語です。投じた広告費に対して、得られた売上を百分率で表し、広告費用の回収率を示しています。計算式は以下のようになります。

ROAS=広告から得られた売上÷投じた広告費 ×100

例えば広告費100万円をかけたECのキャンペーンで、キャンペーン売上が300万円だった場合には、600÷100で、ROASは600%となります。

ROASが高いほど広告から得られた売上が高いことがわかります。売上に対する広告の貢献度を測定することができるため、ROASの高い広告に予算配分を増やすなどの施策が取りやすく、悪い場合にはページ内容の改善や購入導線改善など改善策も講じやすいでしょう。ただし、売上と広告費の比率だけを示した指標のため、利益が出ているかもあわせて確認していきましょう。

ROASとCPAとの違いについては、利用シーンの違いと覚えておけばよいでしょう。CPAは単一商品を扱う場合に利用することが多く、ROASは、投じた広告費に対して得られた売上の割合であり、複数商品を扱う場合よく利用されます。

CPAとは

KPIとは

あわせてCPAやKPIとの違いを理解することで、マーケティング用語の理解も進むでしょう。


タイトルとURLをコピーしました