2020-12

マーケティング用語

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとはどんなものでしょう。ビットコインに代表される暗号通貨と一緒にブロックチェーン技術などの言葉を聞いたことのある方も多いと思います。ブロックチェーンは、聞いたことはあってもうまく説明しづらい言葉のひとつではないでしょうか。...
マーケティング用語

ROIとは

企業活動を行っているとROI(アールオーアイ)という言葉をよく耳にします。ROIは投下資本に対してどれだけの利益を上げられたのかを計る指標で、マーケティングでもプロジェクトや施策の収益性を検証する際に用いられます。今回はROIの概要や計算...
マーケティング用語

DAUとは

DAU ディーエーユー とは何でしょうか。マーケティング用語は略語が多いため、意味が曖昧なまま誤用されていることも少なくありません。今回はユーザーの規模を計る指標である、DAUについて確認していきます。 DAU デイリーアクティブユ...
インタビュー

SNS時代のマーケティングの課題:生活者の「コンテクスト」をとらえる(日本マーケティング学会 会長 古川 一郎氏、トランスコスモス 福島常浩のスペシャル対談)

トランスコスモスの福島が、最新のマーケティング事情についてゲストを招いて語らう対談。第3回は、日本マーケティング学会 会長の古川一郎氏にお話を伺う。今、マーケティング現場で起きている変化を交えて、消費者行動のコンテクスト、テクノロジーの進...
マーケティング用語

ゲームチェンジャーとは

ゲームチェンジャー(Game Changer)というとどんなものをイメージするでしょうか。最近のビジネスにおいてはスマートフォンの登場、定額制音楽サービスの登場、課金型スマホゲームの登場など新たなビジネスの仕組みやお金の稼ぎ方が現れてきま...
マーケティング用語

可処分時間とは

可処分時間という言葉を聞いたことがあるでしょうか。可処分所得という言葉はみなさんご存知だと思いますが、その言葉を時間に見たてることを可処分時間といいます。現在、マーケティングにおいて顧客の可処分時間について語られることが多くなっています。...
マーケティング用語

OMOとは

マーケティング概念のひとつにOMOというものがあります。OMOはオンラインとオフラインの垣根を超えたマーケティングのことで、O2Oやオムニチャネルに次ぐマーケティング概念として注目されています。スマートフォンが普及したことで、顧客はオンラ...
マーケティング用語

O2Oとは

マーケティング概念のひとつにO2Oというものがあります。O2OはスマートフォンやSNSが普及した現代ならではの考え方で、すでに多くの企業で取り入れられています。たとえば、みなさんもWEBサイトやアプリを利用して、店舗で使用可能なクーポンを...
タイトルとURLをコピーしました