2022.4  5A Loyalty Suiteサイトをより使いやすく快適にご利用いただけるように、リニューアルを行いました。

ペルソナとは

マーケティング用語

マーケティングにおけるペルソナとはどんなものでしょうか。ペルソナは元々はラテン語で「仮面」を意味する単語ですが、マーケティングで使われているペルソナという用語は、企業や商品・サービスの典型的な顧客像を意味します。ここではペルソナの重要性や作り方のポイントについて整理していきたいと思います。

ペルソナとはあたかも実在するかのような顧客像

pers1

マーケティングにおける「ペルソナ」は、架空の人物でありながら、あたかも実在するかのように、年齢、性別、職業、肩書、年収、家族構成、居住地や家、趣味、興味関心、価値観、ライフスタイル、行動パターン、悩みなどあらゆるプロフィール情報を細かく設定することが特徴です。ターゲットも顧客像を考えるという点では共通しますが、ペルソナの方がより深くインサイトを掘り下げ、具体的に設定していきます。

ペルソナを作るメリットとは?

顧客ファーストを実現できる
ペルソナを設定するとその人の境遇や心理などをより具体的にイメージできるようになります。顧客が何を求めているのか、どのようなアプローチが心に響くのかを深く理解できるようになるため、より優れた商品・サービス開発の実現へつながります。

顧客像を関係者間で共有でき、戦略の方向性が定まる
たとえば「40代会社員」のようなターゲット設定では関係者各々の経験や価値観によってイメージする人物像にズレが生じますが、ペルソナを設定すると認識を統一できるため、効率的にプロジェクトを推進することができます。

ペルソナ作成のポイントとは?

ペルソナは精度が重要です。まずは実在する人物の心理や行動パターンをしっかり分析しましょう。

思い込みや先入観を反映しないようにする
自社の顧客はこうだろうといった先入観が反映されると、自社に都合のよいだけのペルソナになってしまいます。客観的な外部データやアクセス解析データ、できればインタビューやアンケート調査なども活用して、属性的・心理的両面からしっかり分析するようにしましょう。

イメージしやすく設定し、継続的にアップデートを行う
ペルソナ作成の目的のひとつは関係者間で顧客像を共有することです。写真なども添えて誰もがイメージしやすいように設定しましょう。環境の変化や顧客動向をきちんと反映させるために定期的なブラッシュアップも必要です。

マーケティング4.0 5Aで提起される人間中心のマーケティングとは?

マーケティングにおけるペルソナの重要性とは?

顧客ニーズが多様化する現代では、はじめから多くの人を狙うと結局誰のニーズも満たせない曖昧な商品やサービスになってしまいます。ペルソナを設定して関係者間で共有することで、深い顧客理解に基づいた効果的なマーケティングが実現できます。それが結果として多くの顧客ニーズに応えることにつながるのです。

廣田周作氏インタビュー デジタルマーケティングの最前線で起きていること

「究極のパーソナライズ」の時代にマーケターに求められるもの 元花王 石井龍夫氏、トランスコスモス福島常浩対談


タイトルとURLをコピーしました