2022.4  5A Loyalty Suiteサイトをより使いやすく快適にご利用いただけるように、リニューアルを行いました。

DAUとは

マーケティング用語

DAU ディーエーユー とは何でしょうか。マーケティング用語は略語が多いため、意味が曖昧なまま誤用されていることも少なくありません。今回はユーザーの規模を計る指標である、DAUについて確認していきます。

DAU デイリーアクティブユーザー数とは

DAUはDaily Active Usersの頭文字からなります。読みは、ディーエーユーです。アクティブユーザーとは、一定の期間内に実際の利用や活動があったユーザーのことです。したがってDAUはアプリやWEBサイト、オンラインサービスなどにおける「1日あたりのアクティブユーザー数」を指します。利用する際にユーザー登録が必要で、1日に何回も使う、週に何日も起動するサービスで用いられることが多い指標です。

アプリやWEBサイトの運用で登録者数やダウンロード数は登録したものの、長期間利用していない休眠ユーザーの影響で、実際のサービス規模や利用実態と乖離している場合があります。DAUを重視することで、より現実に即したマーケティングやビジネス設計を行うことができるようになります。

DAUとMAUやWAUとの違いとは?

アクティブユーザーを示す指標としてはDAUの他にもMAU(Monthly Active Users)やWAU(Weekly Active Users)があり、それぞれ1か月間のアクティブユーザー数、1週間のアクティブユーザー数を指します。

SNSのように毎日使われるサービスであればDAU、ECサイトなどのように月に数回利用されるサービスはMAUなど、重視すべき指標はサービスの内容に応じて異なります。自社のビジネスに適した指標を選びましょう。

DAUの導き方とは?

DAUは1日あたりのアクティブユーザー数として計測される他にも、登録者数とそれに対する割合として表されることがあります。この場合前者はDAU数、後者はDAU率と呼ばれます。例えば登録者数100万人のアプリでDAUが20万人だった場合のDAU率は20%となります。DAU率は日常的にどのくらいの頻度で利用されているかを示すためアクティブ率と表現されることもあります。

DAUが重要な理由とは?

アクティブユーザー数を把握することは自社のサービスがユーザーからどのように思われているのか、ユーザーの需要に合致しているのかなどの理解につながります。アプリのダウンロード数は多いにもかかわらずその多くが休眠ユーザーであれば、サービスの価格、機能、使い心地などに問題があると考えるべきでしょう。

DAUをはじめとしたアクティブユーザー数は、利用実態の理解を深めてユーザーエクスペリエンスを向上させるために欠かせない指標のひとつです。自社のアクティブユーザー数に着目して、より本質的なマーケティングを行いましょう。

KPIとは

CPAとは

WEBマーケティングとは

マーケティングとは

タイトルとURLをコピーしました