2022.4  5A Loyalty Suiteサイトをより使いやすく快適にご利用いただけるように、リニューアルを行いました。

CPAとはなにか

マーケティング用語

CPAとはなにか。CPA、CTRなどWEBマーケティングではよく聞く言葉があります。アルファベット3文字言葉。なにかの頭文字ということは推測できても、実際にしっかりと説明できるでしょうか。CPAについて解説していきます。(ここでは、米国公認会計士のCPA〈Certified Public Accountant〉とは異なる、WEBマーケティングでのCPAを扱います。)

CPAとはCost Per Acquisition

CPA(シーピーエー)とはCost Per Acquisitionの頭文字をとっています。主にWEB広告を実施した際の効果検証指標として利用します。Action辺のコストと間違えられることもありますが、正しくはAcquisitionであり、顧客獲得あたりの単価を意味します。

例)予算:500,000円 ÷ 登録者数:500人 = CPA:1,000円 / 人

たとえば、サイトの見込み顧客獲得のためのメルマガ登録キャンペーンを実施した場合、予算500,000円に対し、登録者数500人の場合、CPAは1,000円となります。このCPAは他のキャンペーンを行ったときの比較指標としても利用することができ、CPA1,000円以下で他に獲得できる流入経路、広告があればそれも利用する、もしくはそこへシフトするなど比較にも利用できます。

CPAを抑える場合の注意点

デジタル広告を行っているとCPAを低く抑えることが、目的のように思ってしまう方もいるかも知れませんが、実際には売上や申込数が増えることが企業のゴールでしょう。

CPAを低単価に抑えることだけを考えてしまうと、狭い範囲だけに広告を行うことになり、本来の売上獲得の機会を減じる可能性もあります。また、CPAが高い広告であってもCMや看板など、ブランド認知に関わる広告の機能も有するものもあるため、一概にすべてをCPAで測定すると思わぬ落とし穴となることもあります。適切なCPAをチャネルごとに見極めながら施策実行を進めることが大変重要です。

デジタル時代に顧客エンゲージメントを獲得するには

5A時代のコンテンツマーケティングとは〜コンテンツは新しい広告になる〜


タイトルとURLをコピーしました