2022.4  5A Loyalty Suiteサイトをより使いやすく快適にご利用いただけるように、リニューアルを行いました。

マーケティングオートメーションとは

マーケティング用語

マーケティングオートメーションはなにか? と問われて即答できる人は少ないのではないでしょうか。顧客育成の仕組みなのか、ツールなのかひとそれぞれ答えは違うかもしれません。ここでは、マーケティングオートメーションとは、そしてそれが必要となった背景、できることをみていきます。

マーケティングオートメーション(MA)とは

マーケティングオートメーション(Marketing Automation)とは、顧客獲得のためのマーケティング活動を可視化、自動化するツールのことです。特にWebサイト上、メール、SNSなどのデジタルチャネルでのマーケティングを担います。頭文字を取ってMAと略されることもあります。

マーケティングオートメーションが必要となった背景には、ユーザー行動の多様化と複雑化があります。顧客側に製品・サービスについて検索し、口コミを読むなど情報収集を自ら行う者が現れたように、従来主流だったTV CMに代表されるマスマーケティングで一方的に顧客へ情報を伝達していた状態から一歩踏み込み、それぞれの状況の違う顧客に最適な方法で個別にアプローチすることへの需要が発生しているのです。

コトラーのマーケティング4.0の接続性の時代とは?

顧客開拓には、顧客それぞれの興味関心や検討の度合いによって、必要とされる情報の内容や粒度が異なります。このようにさまざまな状態の顧客がいるなかで、どの顧客にどんな内容を、どんなタイミングで、どのように伝達するのかを個別に対応することは非常に手間のかかることです。煩雑な業務をプログラムにより自動化することで、人的リソースを圧縮し、人間ではできなかったレベルの細かなコミュニケーションを仕組み化するために開発されたのがマーケティングオートメーションです。

もし現在のマーケティングに行き詰まりを感じ、より詳細な顧客分析のもとデジタル施策をうちたいのならば、マーケティングオートメーション導入は良い効果があるかもしれません。見込み顧客を契約につなぐコミュニケーションや契約顧客のエンゲージメントを保持するための効率のよい施策実行、仕組みづくりの実現を検討してみてはいかがでしょうか。

「究極のパーソナライズ」の時代にマーケターに求められるもの 元花王 石井龍夫氏、トランスコスモス福島常浩対談


タイトルとURLをコピーしました