2022.4  5A Loyalty Suiteサイトをより使いやすく快適にご利用いただけるように、リニューアルを行いました。

プロスペクト理論とは

マーケティング用語

プロスペクト理論とはなんでしょうか。行動経済学の理論にプロスペクト理論というものがありますが、マーケティング観点からもこの理論は利用が可能です。フレーミング効果を用いた顧客誘導は、最近多くの事例を見かけるサブスクリプションモデルにも有効です。ここではプロスペクト理論、フレーミング効果についてみていきましょう。

プロスペクト理論とは

プロスペクト理論は行動経済学の代表的な理論のひとつで「人の意思決定は、目の前にある損失の度合いによって変化する」という考え方です。ダニエル・カーネマンらによって発表され、ノーベル経済学賞を受賞しました。

古典的な経済学は合理的な人間を前提として論じられてきましたが、実際の私たちの意思決定は必ずしも合理的ではありません。感情や感覚などのバイアスにより非合理的な選択をしてしまうことも多いでしょう。たとえば極めて低い当選確率であるにもかかわらず宝くじを買ってしまうのがよい例です。

行動経済学は心理学の考え方を取り入れることで、こうした人間の行動を現実的に説明しようとする学問です。そのため実際の企業活動にも有用な考え方といえます。

PRS

利益と損失のインパクトは同じではない

プロスペクト理論のポイントは、人間は得をした時の喜びよりも、損をした時の失望を強く感じ、意思決定の多くが損失回避的な感情によるバイアスがかかっている中で下されているということです。

よく投資やギャンブルで損をしているときに、損失を回収するために大きなリスクをとりにいくといわれますが、このような行動はまさにプロスペクト理論で説明できます。

プロスペクト理論 フレーミング効果をマーケティング活動に取り入れる

プロスペクト理論はさまざまな方法で実際の企業活動に応用できますが、代表的なものに情報伝達への応用であるフレーミンング効果というものがあります。同じ内容を伝えるのでも、その表現次第で受け手の印象が大きく変わるというものです。

たとえば「100人中5人が失敗する手術」と「成功率95%の手術」といわれると、同じ内容でありながら後者を選択する人が多いはずです。伝え方を工夫することで自社にとって好ましい顧客行動を生み出すことができるのです。

また顧客が商品やサービスに対して妥当と感じる価格である参照価格をうまく利用して、顧客に「いずれ値上げされるから今買わないと損をする」と感じさせるのもひとつの方法です。

人はお得だといわれるよりも、損失を被るといわれることに弱いのです。このように損失を示して顧客の購買意欲を高めることをフィア・アピールといい、数量や期間を限定した販売方法もこれにあてはまります。

さらに逆の発想として、買って失敗したらどうしようという顧客の不安を取り除いてあげるアプローチ方法もあります。返金保証などはこれにあてはまります。顧客に安心感を与えることができるため、実際に商品を確認できないECなどで活用されることの多い方法です。

フレーミング効果は、昨今の新しいビジネスモデルであるサブスクリプションモデル(月額課金モデル)での活用事例が多く見受けられます。購入する料金プランの選択画面で使われたり、あまり使わない場合にはすぐに解約できるなど、顧客の心理を踏まえた施策がうまく取り入れられています。

ゲーミフィケーションを使った顧客の行動促進

デジタル時代に顧客エンゲージメントを獲得するには


タイトルとURLをコピーしました