2022.4  5A Loyalty Suiteサイトをより使いやすく快適にご利用いただけるように、リニューアルを行いました。

マーケティング5.0

『コトラーのマーケティングX.0』シリーズの最新書『マーケティング5.0』(英語版)が2021年2月に発売されます。トランスコスモスでは、本書の共著者であるイワン・セティアワン氏のWebセミナーを2020年12月に開催。セミナーでは『マーケティング5.0』の内容について先取りして語っていただきました。マーケティング4.0からの進化点は、デジタル化をさらに進めたオートメーション化にあります。マーケティング5.0までの変遷と、なぜいまマーケティング5.0が必要なのか、デジタルとテクノロジーの観点から解説します。

記事

“5A Loyalty診断”サービスの紹介 第2回 5A診断とは(5回シリーズ)

「近代マーケティングの父」フィリップ・コトラーが提唱したオリジナル指標でロイヤルティマーケティングに取り組むことができる、トランスコスモス(以下当社)の“5ALoyalty診断”サービスについての紹介記事です。デジタル社会の現代におけるロ...
記事

マーケティングとは 福島常浩が解説するCX時代のロイヤルティマーケティング 第9回

マーケティングとは何でしょうか。これは哲学的な問いです。日本マーケティング協会では「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。」と定...
記事

”5A Loyalty診断”サービスの紹介 第1回 ロイヤルティマーケティングの戦略構築をはじめるために(5回シリーズ)

「近代マーケティングの父」フィリップ・コトラーが提唱したオリジナル指標でロイヤルティマーケティングに取り組むことができる“5ALoyalty診断”サービスについての紹介記事です。デジタル社会の現代におけるロイヤルティマーケティングの必要性...
記事

カスタマージャーニーとは 福島常浩が解説するCX時代のロイヤルティマーケティング 第8回

カスタマージャーニーとは、顧客と商品やサービス、ブランドとの接触の歴史です。顧客はひとつの商品やサービス、ブランドに対してさまざまな感情や印象を抱きますが、それはすぐにつくられたものばかりではありません。長い年月の中で積み重なってつくられ...
インタビュー

ワールドマーケティングサミット2021 福島常浩講演 ロイヤルティマーケティングと市場創造が切り拓く未来

「マーケティングでより良い世界を」の理念のもと、“現代マーケティングの父”と評されるフィリップ・コトラー氏が発起人となり、世界各国で開催されてきたワールド マーケティング サミット。日本でも2014年より毎年開催されており、2021年も1...
記事

5AとNPSの違いとは 福島常浩が解説するCX時代のロイヤルティマーケティング 第7回

商品やブランドのロイヤルティを測定する指標として、日本ではNPSが広く知られています。みなさんのなかにもNPSを使っているという人がいるのではないでしょうか。しかしロイヤルティを測る指標にはさまざまなものがあります。このサイトで説明してい...
記事

レジリエンスとは 福島常浩が解説するCX時代のロイヤルティマーケティング 第6回

レジリエンスをご存じでしょうか。レジリエンスは日本語にすると復元力、回復力、弾力などと訳される言葉で、もともとは生態系の環境変化に対する復元力を表す言葉として環境学で使われていました。それが次第に心理学における人の精神的な回復力を表現する...
記事

AIとマーケティングの組み合わせ 福島常浩が解説するCX時代のロイヤルティマーケティング 第5回

現代は”DX時代”といってよいほど、業種や職種を問わず世の中のあらゆる場面でDXという言葉をみかけます。経営雑誌でしばしばイノベーションを扱う特集がありますが、そこで紹介されている事例はどれもコンピューターが絡んだもので、多くの企業でDX...
記事

市場創造とはなにか?福島常浩が解説するCX時代のロイヤルティマーケティング 第4回

市場創造とはどのような概念でしょうか。顧客に選ばれ続けるためには、他社が追随できない価値を提供し続けることが重要ですが、どんなに優れた価値であってもそれを永遠に維持できるとは限りません。時代が移り変われば社会や市場、そして顧客のライフスタ...
記事

カスタマー・エクスペリエンスとは 福島常浩が解説するCX時代のロイヤルティマーケティング第3回

CX(カスタマーエクスペリエンス)とはなんでしょうか。これからのマーケティング、つまりロイヤルティマーケティングの時代に顧客から選ばれるためには、CXを重視して顧客と長期的な関係性を構築することを目指す必要があります。インターネット技術の...
タイトルとURLをコピーしました