2022.4  5A Loyalty Suiteサイトをより使いやすく快適にご利用いただけるように、リニューアルを行いました。

Z世代とは

マーケティング用語

ジェネレーションZ、ミレニアルズと言われて、正確に答えられる人はあまりいないのではないでしょうか。おおよそのイメージはつかめても具体的に言葉で表すのは難しいと思います。Z世代は1990年代後半に生まれた世代以降を言いますが、現在、成人し社会にではじめており、今後、企業のマーケティング活動上で無視できない存在に成長していくでしょう。ここではジェネレーションZ(Z世代)について詳しくみていきたいと思います。

Z世代 Gen Zとは

Z世代(Generation Z)とは、1997年〜2012年に生まれた若者世代を言います。正確な年数は国による違いや厳密な定義がないため、概ね1990年代中盤以降に生まれた世代と覚えておくのがよいでしょう。ミレニアルズ、ミレニアル世代は1981年〜1995年に生まれ、成長とともにインターネットが発達していった世代であり、初期のデジタルネイティブですが、Z世代は生まれた時からインターネットが利用可能だった、真のデジタルネイティブと言える世代です。スマートフォンが当たり前となった世代でもあり、ソーシャルメディアを日常的に使いこなすソーシャルネイティブとも言えます。ポスト・ミレニアル世代、iGen、スマホ世代とも言われることがあります。

2020年〜2030年にかけてZ世代は成人を迎え、社会の中核となることから、Z世代の価値観が今後世界中で影響力を強めていくのではないかと考えられます。彼らに対して効果的なマーケティングを行えるよう、Z世代の特徴を把握しましょう。

高い情報リテラシーを持ちながら保守的なZ世代

生まれたときからスマホ、インターネットが当たり前の真のデジタルネイティブであるZ世代は、テクノロジー、ソーシャル面でミレニアル世代と共通点も多いのですが、Z世代の信念や価値観はその親の世代のジェネレーションXやベビーブーム世代に似た面もあります。特徴的な見方としては、2008年のリーマンショックに端を発する世界金融経済危機で不況を経験し、保守的な考えを持つようになったジェネレーションXに育てられたことで、お金・キャリア・教育に対し保守的な傾向を持つことが挙げられます。

Z世代の価値観とは

Z世代はミレニアル世代よりもインフルエンサー影響が強い

SNSの発達により多くのフォロワーを持ち、他者に影響を与えるインフルエンサーはZ世代に絶大な影響を持ちます。特にYouTubeで活躍するフォロワー数の多いYouTuberは、Z世代にとっては、テレビに出ている著名人、俳優、芸人、スポーツ選手などの従来の有名人よりも信頼されているのです。このような観点からは、小学生の将来つきたい職業にYouTuberが1位にランクインするのもうなずけます。

オープンなコミュニケーションを重視

日常的にSNSを使ったコミュニケーション、情報収集が当たり前のZ世代にとっては、自らの情報をオープンにすることに慣れています。双方向でのコミュニケーションが当たり前の世代のため、ブランドのとのコミュニケーションも、職場でのコミュニケーションもオープンなものを求めます。実際に会って話すこと、オンラインツールでのコミュニケーションの両方をシームレスに行うことが重要です。

ブランドよりもユニークな商品を求める

Z世代はミレニアル世代と比べると人と同じように見られることを嫌います。画一的な製品より個性的なユニークな商品や他人とかぶらない数量限定商品に注目しています。新しいものやブランド物を選ぶのではなく、それが自分の気に入ったものであるか、ユニークであり、自分らしいかが選択基準となります。

プライバシーに配慮する

SNSの普及した時代に生まれたZ世代は、常に自身の体験や心境を共有したいと思っていますが、炎上や住所特定などのトラブルを目の当たりにしていることから、プライバシー保護に気を配っています。オフラインでもオンラインでも常につながっていたい気持ちはある一方で、親しい人だけにしかプライベートは見せないなど、プライバシーへの配慮を体得しています。

ミレニアル世代とは

マーケティング4.0 5Aで提起される人間中心のマーケティングとは?

協働マーケティングとは? 顧客の声を聴きプロダクト・サービスに反映しよう

廣田周作氏インタビュー デジタルマーケティングの最前線で起きていること


タイトルとURLをコピーしました