記事

マーケティング4.0の5Aカスタマージャーニーマップを学ぼう

フィリップ・コトラーらの著書『マーケティング4.0』で提唱された、接続性の時代(顧客がネットに繋がっている時代)におけるカスタマージャーニーマップの考え方は、従来のネット接続が加味されていなかった時代の考え方から大幅に変更されました。 ...
記事

マーケティング4.0時代のカスタマージャーニーの類型

カスタマージャーニーとは、顧客がブランドを認知していない状態から、認知へ、それから関心、購入、さらには推奨へという道筋を、どのように進んでいくかを示すものです。カスタマージャーニーは、ブランドを取り巻く地理的条件や市場の特性、価格帯、購入...
記事

コトラー マーケティング4.0のブランド認知率PAR、ブランド推奨率BARとは?

企業のマーケティングにおいて、カスタマージャーニーが一方通行の漏斗型だった時代には、ブランド認知こそが最も重要だといえました。しかしながら、現在の接続性の時代においては、ブランド認知が最も重要だと捉えるのは早急だと言えます。 ...
記事

マーケティング4.0 4Aから5Aでカスタマージャーニーはどう変わったのか?

接続性の時代において、最も変わったのはカスタマージャーニーの考え方です。これまで、接続性の時代以前のフレームワークとして、広告・販売のパイオニアであるE ・セント・エルモ・ルイスによって提唱された、AIDA、注目(attention)、興...
マーケティング用語

コトラーのマーケティング4.0の接続性の時代とは?

モバイル端末の普及や、ソーシャルメディアの台頭によって、我々は以前とは全く新しい「接続性の時代」に突入している、とコトラーは著書である「マーケティング4.0」で指摘しています。 人々は、モバイル端末による接続性(connectivi...
記事

マーケティング4.0 認知 訴求 調査 行動 推奨、5Aの構成要素を理解しよう!

ソーシャルメディアが普及した接続性の時代のカスタマージャーニーは、『マーケティング4.0』において5A(ファイブエー)=認知(AWARE)、訴求(APPEAL)、調査(ASK)、行動(ACT)、推奨(ADVOCATE)というプロセスで説明...
タイトルとURLをコピーしました