記事

記事

コトラーのマーケティングは3.0から4.0で何が変わったのか? まとめ

コトラーのマーケティング理論は、製品中心のマーケティングである1.0からはじまり、 顧客中心の2.0、人間中心の3.0へと時代にあわせて変化してきました。そして現在では、企業と顧客とのオンライン交流とオフライン交流を一体化させるマーケティ...
記事

オムニチャネルマーケティングとはなにか? 5Aでカスターマージャーニーを作ろう

オムニチャネルマーケティングとは、顧客が利用するさまざまなチャネルを統合してシームレスで一貫性のある顧客体験を生み出す手法です。スマートフォンなどのモバイル端末を使って生活している顧客は、接続性と移動性の高まりによってブランドの検討や評価...
記事

近代マーケティングの変遷を学ぼう マーケティング1.0、2.0、3.0のそれぞれの特徴を解説

マーケティング4.0、5Aの概念についてこれまでご紹介してきました。時代とともに、マーケティングという言葉の定義も変化し、そのフレームワークも進化し続けていることをお分かりいただけたと思います。今回の記事では、マーケティング4.0に至るま...
記事

デジタル時代に影響力を持つ3つのセグメントはなにか?

コトラーの提案したカスタマージャーニー「5A」において、デジタル時代に重要性を増しているのが、最後のステップである推奨(Advocate)です。 常にネットに接続できる現代の顧客は、ブランドに対する情報を積極的に求め、個人の選好よりも他者...
記事

マーケティング4.0の5Aカスタマージャーニーマップを学ぼう

フィリップ・コトラーの『マーケティング4.0』で提唱された、接続性の時代(顧客がネットに繋がっている時代)におけるカスタマージャーニーマップの考え方は、従来から大幅に変更されました。 AIDA・AIDMAといったカスタマージャーニー...
記事

マーケティング4.0時代のカスタマージャーニーの類型

カスタマージャーニーとは、顧客がブランドを認知していない状態から、認知、関心、調査、購入、さらには推奨へ至る道筋を、どのように進んでいくかを示すものです。カスタマージャーニーは、ブランドを取り巻く地理的条件や市場の特性、価格帯、購入頻度な...
記事

コトラー マーケティング4.0のPAR(購買行動率)、BAR(ブランド推奨率)とは?

企業のマーケティングにおいて、カスタマージャーニーが直線的な漏斗型だった時代には、ブランド認知こそが最も重要だといえました。しかし現在の接続性の時代においては、ブランド認知が最も重要であると捉えるのは早急だと言えます。 ブラ...
記事

マーケティング4.0 認知 訴求 調査 行動 推奨、5Aの構成要素を理解しよう!

ソーシャルメディアが普及した接続性の時代のカスタマージャーニーは、『マーケティング4.0』において5A(ファイブエー)=認知(AWARE)、訴求(APPEAL)、調査(ASK)、行動(ACT)、推奨(ADVOCATE)というプロセスで説明...
記事

マーケティング4.0 4Aから5Aでカスタマージャーニーはどう変わったのか?

フィリップ・コトラーは著書『マーケティング4.0』において、現代はモバイル端末の普及やソーシャルメディアの台頭によって「接続性の時代」に突入したと語りました。同時にカスタマージャーニーの考え方も大きく変化しています。同著で初めて提唱された...
モバイルバージョンを終了
タイトルとURLをコピーしました