記事

記事

オムニチャネルマーケティングとはなにか? 5Aでカスターマージャーニーを作ろう

オムニチャネルマーケティングとは、さまざまなチャネルを統合して、シームレスで一貫性のある顧客体験を生み出す手法です。 モバイル端末を手にした顧客は、接続性と移動性の高まりによって、ブランドの検討や評価に使う時間を減らし、購買スタイル...
記事

近代マーケティングの変遷を学ぼう マーケティング1.0、2.0、3.0のそれぞれの特徴を解説

マーケティング4.0、5Aの概念についてこれまでご紹介してきました。時代とともに、マーケティングという言葉の定義も変化し、そのフレームワークも進化し続けていることをお分かりいただけたと思います。今回の記事では、マーケティング4.0に至るま...
記事

デジタル時代に影響力を持つ3つのセグメントはなにか?

カスタマージャーニーのフレームワーク5Aのうち、デジタル時代に重要性を増しているのが、最後のステップである推奨(Advocate)です。 常にネットに接続できる現代の顧客は、ブランドに対する情報を積極的に求め、個人の選好よりも他者の意見を...
記事

マーケティング4.0の5Aカスタマージャーニーマップを学ぼう

フィリップ・コトラーらの著書『マーケティング4.0』で提唱された、接続性の時代(顧客がネットに繋がっている時代)におけるカスタマージャーニーマップの考え方は、従来のネット接続が加味されていなかった時代の考え方から大幅に変更されました。 ...
記事

マーケティング4.0時代のカスタマージャーニーの類型

カスタマージャーニーとは、顧客がブランドを認知していない状態から、認知へ、それから関心、購入、さらには推奨へという道筋を、どのように進んでいくかを示すものです。カスタマージャーニーは、ブランドを取り巻く地理的条件や市場の特性、価格帯、購入...
記事

コトラー マーケティング4.0のブランド認知率PAR、ブランド推奨率BARとは?

企業のマーケティングにおいて、カスタマージャーニーが一方通行の漏斗型だった時代には、ブランド認知こそが最も重要だといえました。しかしながら、現在の接続性の時代においては、ブランド認知が最も重要だと捉えるのは早急だと言えます。 ...
記事

マーケティング4.0 認知 訴求 調査 行動 推奨、5Aの構成要素を理解しよう!

接続性の時代のカスタマージャーニーでは、顧客間の接続性を反映した5A、つまり、認知(AWARE)、訴求(APPEAL)、調査(ASK)、行動(ACT)、推奨(ADVOCATE)というプロセスで説明し直されるべきだと、コトラーは述べていまし...
記事

マーケティング4.0 4Aから5Aでカスタマージャーニーはどう変わったのか?

接続性の時代において、最も変わったのはカスタマージャーニーの考え方です。これまで、接続性の時代以前のフレームワークとして、広告・販売のパイオニアであるE ・セント・エルモ・ルイスによって提唱された、AIDA、注目(attention)、興...
タイトルとURLをコピーしました